抜け毛と男性のホルモンとの関わり方について考えてみた。

男性だけにあるホルモンの分泌が活発な人間では20代・30代の内でも毛が細くなることが多いらしいというのです。でも、年齢が上がれば生え際の血液循環の不順や新陳代謝の下落と言ったその他のマイナス面も付加することで、どうも毛が薄くなりやすいのです・・・。

医療系施設で出してもらえる抗アンドロゲン薬という医薬品は強力な男性ホルモンの活動を抑止するための効目を含んでいるとのことで、男性特有の抜け毛を軽減する施術に役立てているようなのではありますが、まだ自身にそれほどの対応をするほどではないと自己診断をしました。

栄養バランスだったり発毛のための薬剤にて対策を長く行うには、最初に自分の体質に適した成分を含んだ物を選択して、ホルモンバランスも含め、更に脱毛の根本的な誘因に合わせた対応を行っていくことが一番欠かせないことと痛感しました。

40代になったから毎日の暮らしを洗い直して育毛対策!

入浴時には特に指に絡む毛が目に入るとなんか気になり、頭部を鏡でよく確認すると赤色な状態なのがわかったと同時に’この頭皮は絶対マズいに違いない’と・・・。これからは髪のケアだけというのはやめて、頭皮や毛根へ向けた手入れおよび抜け毛対策が大事になってるのだと思いました。

以前使い続けていたシャンプーは泡がたくさん出て良かったのだが終わった後、がしてたのです。やはりこのつっぱりが頭部の肌に負担をかけてしまってたのが原因のようです。

いろいろ調べ上げると薄毛にはもっとソフトに洗い上がった方が適切ですので変えてみることにしました。習慣となった対策から約3ヵ月ほど。抜ける毛の減少他にも発毛がアップしたような感じがして抜け毛の改善への手応えをじわじわと感じているのです。見込んだ通り洗髪の仕方を反省したのは効果覿面らしく、育毛の対策に関して頭皮への配慮は不可欠だったのです。